お母さんあなたにこそ素晴らしい布団で寝てもらいたい

朝7時になったらお母さんに電話をしてそして羽毛布団を買っても良いか、どうか確認したいと思います
どうして確認するかと言うと、私は自己破産をしているのでそれで何もローン分割して買うことができないからです
なぜそんなことお母さんに使ってると、私お母さんの実に似で何か分割をして買ってあげたいなと思うからです
それは何を買ってあげたいかって言うと、今ジャパネットたかたでやっている本を買ってあげたいのです
ポーランドさんのお尻を使ったその素晴らしいをもうなんだそうです
ポーランド産のアヒルにきちんとしたご飯をあげて、それからきちんとしたお笑いの寝床与てそれから報告してそれでアヒルを育てています
走るには大豆とビタミンを混ぜたご飯をあげています
私もこの羽毛布団自分に欲しいなと思いましたが、それ以上にお母さんに買ってあげたいのです
私の大好きなを愛するお母さんあなたにこそ素晴らしい布団で寝てもらいたい
私たちはこれからどんどん長生きをしていくので、
まだまだ長生きをしていくのでもお母さんはやっぱりこれから先の人生まだまだちょっとおい先が見えているのです