家計管理のやり方

家計管理についてですが、元々赤字家計でお金がなぜか貯まらないと思っていました。給料が低いせいなのかとも思っていました。ただ、そう思っていてもお金は貯まらないし、将来不安になるばかりだったので必死に家計管理について勉強しました。その結果、今では黒字家計に変わりました。
まず、月の支出をすべて書き出します。月にかかる支出がいくらかかっているのか調べるためです。そこでまず、収入より支出が多いことを知りました。そして、支出の中で、固定費に着目して削れそうな所を削ります。例えば、通信費やコンタクトレンズ代、保険代など一度削れば済むものです。それから、収入内で生活する為に予算を立てます。自由に使っていた交際費はお小遣いの中でやりくりする、食費は週ごとに使える予算を決める、などいくらまで使えるのか決めます。要するに、支出が収入を超えないようにすることです。
さらに一番大事なのが、特別費です。特別費とは、年間にかかるイベント費など高額な支出です。これを把握していなかったため、赤字家計でした。年間の特別費を出し、月に幾ら積立ればよいかを計算します。その金額を毎月積み立てていくことで、ある月の高額な出費にも対応できます。
最後に大事なのは通帳を分けることです。貯める用、生活費用、積立用など用途ごとに分けると分かりやすいです。
家計簿はつけている方が多いと思いますが、貯金簿をつけるのもモチベーションが上がります。貯金簿とは、毎月の貯金金額を書いていくだけのものです。
家計管理に本気で取り組んでみて、赤字だった原因は給料が低いからではなく、自分の家計管理能力が低かったことを実感しました。収入と支出を把握することで、収入以上のお金は使わないようにやりくりしていくことが大事だと実感しました。
プロミス 仙台